水改質システム【ザ・バイオウォーター】給水管赤錆対策 スケール対策 改質水

水道管に設置するだけで赤錆・赤水・スケール対策 「ザ・バイオウォーター」

都市拡業株式会社では、水環境を根本から変えるための新しい技術として、水道水を山の石清水のような水に改質する「ザ・バイオウォーター」を開発しました。
この装置は、水道管に設置するだけで水道水が石清水のように物性変化するため、ただ水を普通に使っているだけで赤錆・赤水・スケール対策になるうえに、錆の進行を防止する黒錆を形成する効果もあります。
(日本水道協会JWWA認証登録番号 Z-92)

「ザ・バイオウォーター」は「人工の鉱物結晶」の働きによって水を改質します
内外の環境の変化にも関わらず、生体の状態を一定に保とうとする機能。
生じた変化を元に戻そうとする働き。

給水管の赤錆対策について

建物保全の重要ポイントの一つは給水管赤錆対策です。給水管の歴史は給水管の赤錆対策の歴史です。昭和50年前後から普及した
VLGP管はパイプ内面をビニールで被覆し、給水管の赤錆対策を施したものです。この管種も給水管の赤錆対策のうえでは欠点がありました。継手のネジ咬合の接合部分に必ず水に触れる金属部分があることなのです。

この給水管赤錆対策上の課題は、コア入り継手という部材を生み、平成年間に入り使われ始めましたが、この改良が万全かは、今少しの検証が必要のようです。

建物内配管の継手の位置を特定しての対策は事実上は不可能です。そこで、水の質を変えることだけで給水管の赤錆対策が可能となる「ザバイオウォーターによる酸化被膜工法」が最も効率の良い実際的な方法です。そして、水の改質のもたらす多様な効果も可能となることから究極の給水管の赤錆対策と言えるのです。

赤錆・赤水対策の詳しい情報はこちら>>

新着情報 バックナンバー
「ザ・バイオウォーター」の広がり
カタらボ マンガでわかる!ザ・バイオウォーター Quality Water 日経CNBC「時代のニューウェーブ」に弊社が取り上げられました 赤錆・スケール対策 都市工業株式会社 ペットボトルで岩清水を作る「エランビタール」 「エランビタール」ネットストア ザ・バイオウォーターフェイスブックページ 社長のブログ THE BIOWATER BLOG 賢者TVに出演しています ザ・バイオウォーターYoutubeチャンネル

酸化被膜工法について

水中で錆びない鉄はありません。鉄が急激に酸化すれば赤錆ができますし、ゆっくり酸化すれば黒錆ができます。赤錆は多孔質のため、中に水が染み込んでどんどん腐食が進行します。一方、黒錆は組織が緻密なため、水が染み込むこともなく安定した被膜となって管を保護します。
酸化被膜工法」とは、この黒錆の酸化被膜を管内に作る工法です

ザ・バイオウォーターを取り付けると、給水管には黒錆ができます。すでに赤錆で孔蝕が始まっている給水管でも、赤錆が黒錆に変化し、孔蝕も自然に修復されていきます。
それは、ザ・バイオウォーターで改質された水が、錆の原因となる酸素や塩素化合物を包み込んでしまうからです。

酸化被膜工法のメカニズムはこちら>>  競合製品比較表はこちら>>  納入先事例はこちら>>

酸化被膜工法の詳しい情報はこちら>>

都市拡業株式会社