製品の紹介

特長

「ザ・バイオウォーター」を取り付けると、どんな効果があるのでしょうか?

一般家庭・店舗・オフィスでは クオリティ・オブ・ライフの向上
  1. 水がまろやかでおいしくなる(生水がおいしく飲める)
  2. お茶やコーヒー、紅茶、水割り、料理がおいしくなる
  3. 食品が腐りにくくなる
  4. 古米でもふっくら炊きあがり、長時間保温してもご飯が変色しない
  5. 肌が滑らかになり、手荒れしにくくなる
  6. 肌の乾燥を防ぎ、皮膚をすこやかに保つ
  7. お風呂上がりに湯冷めしない
  8. シンクや風呂場のヌメリがつきにくい
  9. 改質水に浸けると野菜がパリッとして日持ちが良くなる
  10. 切り花が長持ちし、植物の生育が良くなる
  11. 便器の黄ばみが取れる
  12. 洗濯物の汚れ落ちがいい
  13. 水が腐りにくい
工場・大規模ビルでは 省エネ省コスト・環境負荷低減のWエコ
  1. 赤錆劣化対策が安価にできる
  2. スケール(機器に付着したカルシウムやシリカの固まり)が
    取れるので、ボイラー等設備の維持管理が楽になり、
    設備自体も長持ちする
  3. 細菌の発生を抑えるので、製品の歩留りがあがる
  4. 配管のつまりがなくなる汚泥が減るので、処理費が削減できる
  5. 洗浄工程の効率が良くなる
  6. イオン交換樹脂が長持ちする
  7. BODが下がる
  8. トータルで経費の削減になる
  9. 水環境の負荷を下げる

水改質システム【ザ・バイオウォーター】給水管赤錆対策 スケール対策 改質水


「ザ・バイオウォーター」は浄水器、磁気式装置とどう違うのでしょうか?

その違いを表にしてみました。

  ザ・バイオウォーター 浄水器 磁気式水処理器
装置の特性 人工の鉱物結晶の働きで水のホメオスタシスを高め、水道水を 岩清水のような活力のある水に改質する 水中の有害物質を濾材入りの
カートリッジで除去する
磁石で水に磁力線を作用させ、
一時的に外力により水の分子を
変形する
安全性 問題なし
  • フィルターが汚れていると水が
    再汚染される
  • 塩素消毒剤も取っているので
    腐りやすい
磁力線のシールドが不完全だと
磁気が外部に漏れ、健康と環境に
影響を与える
処理水の効果
  • 生命活性力がある
  • 制菌力が高い
  • 抗酸化力がある
  • 洗浄力が高まる
有害物質が除去される
(生活用水全体用として作られていないので、効果比較ができない)
  • 生命活性力がある
  • 抗酸化力がある
  • 洗浄力が高まる
  • 浸透力が高まる
(磁化水の効果として上記の項目は各社が謳うが、データは不明)
装置の寿命 半永久的 装置によりばらつきがあるが
10年以上持つものは少ない
半永久的 (だが経時的に減磁する)
処理効果の
持続時間
10か月以上効果が持続している
データあり
菌の発生が早く、保存に適さない 磁化水の効果は87時間で消える
装置のシステムと
メンテナンス
  • ワンパス方式
  • 貯水方式
  • 循環方式
  • メンテなし
  • 循環装置(ポンプ、配電盤等)がいらないので、電気代も不要
  • 濾過方式
  • メンテ必要
    (フィルター・カートリッジの交換など)
  • 機種によってワンパス方式と
    循環方式がある
  • 数年経つと磁界コントロールが必要
  • 30mおきに1個の装置が必要
水環境への影響
  • BODが30%以上減る
  • 処理水の効果が長く持続するので水環境負荷を軽減する
  • 使用者・使用事業所が増えるにしたがって水環境が改善される
交換後のフィルター類が環境を
汚染するごみとなる
処理水の効果が長続きしないので 水環境負荷を軽減するまでには
至らない


「ザ・バイオウォーター」と他のセラミック活水器との違い

最近、「セラミック活水器」という商品が沢山出ていますが、そのほとんどが「ボール型セラミック」を使用しています。焼成温度が1000度未満の場合は特に硬度が低く、摩耗しやすくなっています。焼成温度が高くてもボール同士がこすれてセラミックの微粉(アルミナケイ酸塩)が出ます。セラミックがこすれて劣化すると、当然効果も薄れてきます。
ですから、早ければ2年後にはセラミックを入れ替える必要があるとするメーカーもあります。

また、このアルミナケイ酸塩の微粉を水と一緒に毎日摂り続けた場合、健康にどういう影響があるかも疑問です。
これに対し、「ザ・バイオウォーター」のハイブリットセラミックは焼成温度が1300度以上、硬度も7以上です。
構造的にも「ザ・バイオウォーターΩ」ではプロペラ状の形状をしたセラミック同士が触れない構造になっています。
そして、セラミックそのものは劣化しないので、半永久的に効果が保たれ、部材を交換する必要もありません。

ページのトップへ